小児の大切な時期にこそ「プレオルソ」です

永久歯に生え変わってからでは、全ての歯にギラギラした装置をつけるいわゆる「本格矯正」になりますが、この治療法であれば小児(6才~10才)の骨の軟らかい時期に使うことで、非常に大きな効果が期待できます。

マウスピース式タイプなのでお子様が嫌がりません

固定式の装置は、違和感や痛みが強いですが、マウスピース式は、それがほとんどありません。装着時間は就寝時と家にいる時のみで十分です。また、食事の時に装置をはずせるので、虫歯の心配がありません。

一番気になるお金の問題。「プレオルソ」は予算的に一般の矯正よりも始めやすい治療です

この治療法のために開発した新素材のマウスピースを使用するので、個々の口腔内への調整がしやすく、治療効率が良いためです。

ご両親が非常に気にされている「お口ポカン」に代表される口呼吸を鼻呼吸へ促します

「プレオルソ」は「咬み合わせ」と「歯ならび」を改善すると同時に機能的な側面「口呼吸から鼻呼吸へ」が非常に重要と考えています。マウスピースを使うこの治療法は子どもの成長発育にとても大切です。

装置を使う時間はどのぐらいですか?

家に帰ってから起きている間に「1時間」と「寝る時」に使います。学校に持っていく必要はありません

こんな歯ならびのお子様に

  • 出っ歯

    上の歯が出ている
  • 凸凹(でこぼこ)

    4人掛けの椅子に6人座っている状態
  • 受け口

    下の歯が出ている
  • 開咬

「プレオルソ」マウスピース

「プレオルソ」のために開発された
マウスピース式装置

特徴 1柔らかい

こどもが一番嫌がる堅いレジン(プラスティクの様なもの)でなく、ポリウレタンの柔らかい素材でできており、装着感が非常に良いので装置を嫌がらずに使うことができます。

特徴 2プリフォーム(既製品です)

こどもにとって歯型を取る(粘土みたいなものをお口の中に入れる)ことは非常に高いハードルです。プレオルソマウスピースは既製品ですので歯型を取る必要がありません。

特徴 3調整が簡単

従来の矯正装置は調整が非常に煩雑で嫌な臭いがしましたが、プレオルソマウスピースは、熱可塑性(熱を加えることで自由に調整できる)の素材でできており、お湯を使った簡単な調整をする事により顎を広げたり、個々の口腔内に合わせることができます。

プレオルソマウスピース ラインナップ

  • type-I

    出っ歯・咬み合わせが深い
    (上顎前突症/叢生/過蓋咬合/各種保定)

  • type-II

    前歯が咬み合わない
    (開咬症/各種保定)

  • type-III

    受け口
    (反対咬合/逆被蓋/各種保定)