治療について

見えない矯正について

岡山で矯正専門医院として開業して16年
見えない矯正治療の症例数は
200症例を超えております。
見えない矯正治療の症例実績多数!

驚かれるかもしれませんが、
当院では約半数の方が成人の方です。

「小学生の頃、親に矯正治療を勧められたのだけど、どうしても目立つ矯正装置が嫌だった」
「自分が八重歯が嫌だったので、矯正治療したかったのだけど、費用の面で難しかった」
などなど、矯正治療に踏み切れなかった色々な理由があると思います。
しかし、見えない矯正治療の登場で装置が目立たなくなった事や、自分で費用を工面できるようになった事などから、成人になってから矯正治療を始める方が非常に多くいらっしゃいます。
「歯ならびが悪くて気になるんだけど、どうしても矯正装置が見えるのでなかなか治療に踏み切れない・・・」どうしても矯正装置が見える事が気になって矯正治療を躊躇されている方には「見えない矯正治療」は最適の治療方法です。

最近、インビザライン、クリアライナーやアクアライナーなどに代表される「取り外しが出来る透明なプレート」による治療方法があります。
私自身、この方法で治療を行っておりますが、全ての症例が適応症ではありません。
例えば「少しの隙間」「少し凹凸」などかなり限局的な治療に限られます。
いわゆる「ここだけ治して欲しい」治療にはいいかもしれませんが、出っ歯であるとか、強い凹凸についてはやはり取り外しが出来る治療方法では治りません。

「見えない矯正治療をしたいんだけど、費用が高くて…」

と言うお声をお聞きいたします。実は見えない矯正治療には2種類の方法があるのをご存知ですか?

ハーフタイプ(上顎のみ見えない矯正、下顎は通常の矯正装置の場合)

一つは、上あご、下あごの両方裏側からする方法と、目立つ上あごだけ見えない矯正で治療を行い、下の歯は、他人から見えにくいため、表側からする治療方法があります。いわゆるハーフタイプと呼ばれる治療方法です。この方法だと 上あご、下あごの両方裏側からする方法に比べて安価であり、下あごの裏側に装置がつきませんので、舌の動きを妨げないため、違和感が少ない特徴があります。実は、見えない矯正をしている患者さんの約7割がこの方法です!

見えない矯正治療は、通常の矯正治療に比べてどうしても、割高になります。
その理由は、通常の矯正装置と異なり、見えない矯正治療で使う矯正装置はオーダーメイドである為、個々の患者さん専用の装置を作成するため割高となる訳です。

矯正装置が見える事で、治療を躊躇されていた方々が、見えない矯正治療によって「歯ならびが悪い」と言う長年のコンプレックスから開放されています。
「歯ならびが悪い」と言う悩みから開放された、今まで経験した事のない清々しい気持ちを是非体感して下さい。

治療費用

精密検査・診断 40,000円+消費税
治療費(処置料・治療装置作製・装着費用を含む)
  • ハーフタイプ
    1,200,000円+消費税
    (上顎のみ見えない矯正、下顎は通常の矯正装置の場合)
  • フルタイプ
    1,340,000円+消費税
    (上下顎とも見えない矯正装置)

透明ブレースについて

透明ブレース

これまでの矯正装置は金属製のものを使用していましたが、なるべく目立たないように治療を受けたいという方の為にクリヤーなセラミック装置を前歯に使用する「透明ブレース治療」があります。これにより、金属製の矯正装置を使用するときよりも目立たなくなります。どちらの装置も、歯を正しい位置へ移動させるために、適切な力をかけられるように設計されていますので、歯の動き方や治療期間についても、全く違いはありません。 「見えない矯正装置」よりもリーズナブルにご利用頂けます。

治療費用

精密検査・診断 40,000円+消費税
治療費(処置料・治療装置作製・装着費用を含む) 780,000円+消費税

外科矯正について

治療費用

矯正費用 約30万円
(保険内で患者様の3割負担による総費用)
オペ及び入院費用
  • 下顎のみ・・・約25万円
  • 上下顎
    1. 吸収性プレート・・・約45万円
    2. チタンプレート・・・約36万円
  • オトガイ形成・・・約3万円
    (保険内で患者様の3割負担による総費用)

※いずれも高額医療の適用になりますので、およそ8万円/月額を超える部分は手続きにより還付があります。

治療プロセス

初診・相談

気になる歯並びのご相談や、治療の流れと治療にかかるだいたいの期間・費用やお支払方法等のご説明をいたします。

精密検査・診断

頭や歯のX線撮影をし、現在の歯並びや顔型を細かくチェックします。
検査結果から治療計画や治療装置、詳しい治療期間・費用等のご説明をいたします。

治療装置作製・装着

個人に合わせて装置を調整し、2~3回に分けて装着します。

ブラッシングの指導・口腔内清掃

正しい歯の磨き方を充分な時間をかけてご指導いたします。

矯正治療

月に1~2回の割合で治療終了まで定期的に通院していただきます。

保定

治療後の歯並びを安定させるため、保定装置を使用します。
3~6ヶ月に1回程度(1~2年間)ぐらい通院していただきます。